アナルの開発が奥が深い

アナル=肛門だという事は、女性もほとんど知っているでしょう。
しかし、実際にアナルセックスについて考える人は稀だと思います。
ただでさえ普通のセックスでも恥ずかしいのに、ましてやお尻の穴なんて…ねえ。

 

でも男性に裸を見せたりクンニされる事も、慣れれば当たり前になります。
アナルは特殊なので同じレベルでは語れませんが、1度体験させれば彼女のアナルを開発する事も出来ます。

 

「アナルを攻めさせて」と言って快諾されるのは、かなり先のお話。
アナル攻めは男性の願望で、開発前の女性は決して喜びません。
女心を気遣いながら丁寧に、かつ上手にお願いしましょう。

 

アナルは排泄器官で、出す場所です。
そこに正反対の入れる行為をするので、アナルセックスはセックス界の嗜好品と言えます。
極端な話、膣は濡れたらすぐ指やペニスを入れられますが、アナルはその何倍も手間暇かけた準備が必要です。

 

便が付かないかと心配する人も多いでしょう。
事前に浣腸する事が基本なので、きちんとすれば問題なしです。

 

アナルに100mlぐらいのぬるま湯をポンプで入れ、出て来る液が透明になったら第1段階完了。
次は膣と同じ様にローションをたっぷり塗ります。
アナルは膣の様に自分から濡れないので、ローションは必要不可欠です。